目に止まるブログ記事文章の作り方

おう、ドック船長だ。

 

今日はブログ記事を
作成をするときの作り方を
話していこうと思う。

 

作り方とはつまり記事を書く時に
決めることや考えることについての事だ

 

では最後までよろしくな。

 

ブログ記事文章の作り方

アフィリエイトをしていく上では
ちゃんとした記事の作り方が大切な事だ

 

だからここでは簡単にどんなことに
気をつけるか、考えていくかということを
話していく

 

ではまず簡単に書くな↓

 

・目的を決める
・しっかりとしたリサーチ
・自分の知識などを理解しておく
・これ以上にないくらい商品への理解
・見出しを適当にしない
・構成をしっかりと決めてから書く
・量を意識して書く

 

 

目的を決める

この目的というのは
その名の通りなんだが

 

なぜこのブログを書くのかという
目的を決めてから書くことが大切ということだ

 

これは関してではなく
ネットビジネスをやる上では絶対に
大切なことだ。

 

目的もなく何かを始めると
人間はすぐにやめてしまう

 

特にブログなどは目的を決めていないと
段々書いていくと結局自分は
何を伝えたいのかとならないために
目的を決める必要があるんだ

 

だから記事を書く前には
結局何を伝えたいかの目的を
考えてから書いていくことが
大切なんだ。

 

しっかりとしたリサーチ

しっかりとしたリサーチは
大切なことだ、ではどういうリサーチをするのか

 

自分と同じジャンルの記事や
このジャンルについての悩み

 

そのジャンルについて何を
皆が知りたがっているのか?

 

この二つのことをリサーチするんだ。

 

だからまずは自分と同じジャンルの
記事がどんなものがあるのかということを
知り、他とは違うオリジナル性を出すことがいい

 

さらにそのジャンルでいいと思う部分は
もちろん参考にした方がいい

 

そして次にそのジャンルについて
何を皆知りたがっているかを知ることが
大切だ

 

そのためにはまずターゲットを絞るんだ

 

ターゲットを絞るとは
例えば俺ならアフィリエイトを
始めたばかりの「アフィリエイト初心者」

 

そしてその中でも
どんなアフィリエイター達に伝えたいのか?

 

例えば全く収益化をできていない
アフィリエイターなどそこから

 

また区分けしていく

 

数万円稼げている
アフィリエイター

 

それとも数十万円

 

それか数万円以下の
アフィリエイター

 

大きくこの3つに分けたが
もっと細かくしてもいいだろう

 

アフィリエイトをやっている奴は
わかると思うが数万円稼げている
アフィリエイターと稼げていない
アフィリエイターでは全然違う

 

だからこういった細かいジャンル分けが
必要なんだ、他のジャンルでもそういった
細かい区分けが必要な場合もあると思う。

 

今回はアフィリエイトという
ジャンルの場合で話してみたが
もっと絞っていくと

 

人物像が明確化していき
その文章が伝わりやすくなるだろう

 

 

自分の知識などを理解しておく

自分がそのジャンルについて
どのレベルで知識があるか

 

自分の興味がある事は何かなど
自分のことを理解しておくのが
大切だ。

 

そして記事をどうやって書いていくのかを
決めることもこの分析をすることで
決まるだろう

 

例えばという話になるんだが
自分の知識に自信があるのなら

 

上からのような口調でいくのが
いいだろうし、もし自分の知識が並だと
思うなら丁寧な口調で話していくのがいいだろう

 

そうやって自分を他と比較したり
分析をする事で自分を知ることができ
これから方向性を決めることができていく

 

 

これ以上にないくらい商品への理解

これは物販アフィリエイトを
する場合に限ってくるのかもしれないが

 

商品を紹介する場合は当たり前だが
そこらへんの奴よりその商品について
知っておく必要がある。

 

だからその商品については誰よりも
リサーチしておくんだ

 

その商品について
理解をしていないとしっかりとした
紹介をできなくてあまり理解していないことを
ばれてしまう

 

逆の立場になって考えてみてくれ
全然アフィリエイトを理解していない奴に
アフィリエイトのことを教えてもらおうと
思わないよな?

 

だからその商品について誰よりも
理解している奴の意見が聞きたいと
誰しもが思うから

 

その商品についての徹底的に
知っておくことが必要だ。

 

見出しを適当にしない

記事を読んでもらう上で
この見出しというのが一番
大切なんだ

 

なんでこの見出しが大切なのかというと
この見出しで実際の記事の中身が見られるかが
決まるからだ。

 

記事が見られるかは見出しや、タイトルで
8割が決まると言われているんだ

 

だからこの見出しを自分の
思いつきやどうでもいいやと
適当にしてしまうと

 

記事の中身を見られずにブログから
離脱をされてしまう。

 

主に見出しを考えるときは
そのジャンルを読むであろう
読者がどんなことに悩んでるのか

 

読者が何を知りたいのかを
調べてそれを見出しにしていくと
その悩みを持つ奴や

 

そのことについて知りたいと
思っている奴がクリックをして
読まれるようになるだろう

 

だからそんなに見出しについて
深く考えずに読者が何について
知りたいのかを理解することで

 

すぐに見出しを書くことができるだろう

 

もう一度いうがそんなに
捻ったものをつける必要はない

 

構成をしっかりと決めてから書く

わかりやすく文章を書くならまず
記事の中身を書く前に

 

記事の構成を決めることが
大切だ、このいきなり中身を
書いてしまうと

 

グチャグチャになってしまう。

 

ある程度書くのに慣れていくのと
書くことが頭に入っていくと
別にその心配はないんだが

 

書くまえはある程度
構成を決めていこうな。

 

ではここでよく言われている
構成の基本PASONAについて
話していく

 

まずはPASONAには
どういう意味があるのかを
話すな↓

 

Probrem(問題提起)

Agitasion(煽り立て)

SOlution(解決策)

Narrow down(絞り込み)

Action(行動)

 

これだけを説明されても
意味がわからないと思うから
例にしてPASONAを使った文章を
書いてみるな

 

P:年齢を重ねるにつれて
体型維持が難しくないですか?

A:でもダイエットを続けるのって
難しいし、そんな時間もないですよね?

SO:そんなあなたにおすすめしたいのが〇〇です!
数ヶ月で痩せる方が続出
あなたもその効果を実感しませんか?

N:今から40名様限定で40%OFFの価格で
提供いたします!

A:お申し込みはこちらからどうぞ!

 

これがPASONAを使った
文章構成だ。

 

ぜひ記事を書く時などは
参考にしてみてくれ

 

量を意識して書く

もちろんただただ量を
書いても全く意味がないが

 

ある程度の記事のボリュームは
大切だ、昔は1000文字くらいの
記事でもいいと言われていたが

 

今ではその1000文字という
記事のボリュームでは足りない。

 

だからしっかりとした記事を
書いていくのも必要だが

 

最低でも3000文字くらいの
記事を書いていくのが必要だ

 

このように記事の質だけではなく
記事のボリュームも気にして書いていけ

 

せっかくいいことを書いていても
記事のボリュームがないとガッカリされる
場合もある、そのためにも

 

情報量を頭に取り込むことが大切だ。

 

まとめ

最後まで読んでくれてありがとう

 

ブログを書く時に一番考えるのが
読者のことを考えることが大切だ

 

読むであろう読者を想定して
こんなことを知りたいんだろうな

 

こんなことに悩んでいるなどの
情報を自分で調べてそのことについて
自分で深掘りをして書いていくんだ。

 

そして文章をうまく書くには
とにかく量を書いていくしかない
文章力を上げるには質より量だ。

 

そのためにはブログなどはその
練習になる、まずは休まず更新をしていくのが
いいだろう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です