レンタルサーバー比較

おう、ドック船長だ

 

今日はレンタルサーバーの
それぞれの特徴などを書いていこうと思う

 

もちろん最初の方の
記事で俺が実際に使っている

 

レンタルサーバーについては
載せてるんだが、それ以外にも

 

レンタルサーバーというものは
たくさん存在するんだ

 

ではしっかりと解説をするから
ちゃんと読んで行けよ

 

だがまずこの記事を初めて読み
なにも知らない奴はレンタルサーバーって
なんだ?と思うかもしれない

 

だからレンタルサーバーは
どういうものか説明するな

 

レンタルサーバーって何?

ちょっとかっこいい感じで説明しようと
思ったんだが、なにも思いつかないから

 

レンタルサーバーとは
そのままなんだが、サーバーを貸してもらう
ということだ

 

自分でサーバーを構築したりする手間とかは
なく、月々のお金を払って
レンタルサーバー会社側で細かいことは

 

管理してくれる

 

もし詳しいことを知りたければこちらの
記事にいってくれ

 

サーバーやドメインについて
詳しく説明している。

ブログ作り方解説

では各特性を生かした

 

レンタルサーバーについて
説明していくな。

 

おすすめのレンタルサーバー

俺が思うおすすめの

 

レンタルサーバーをこれから
紹介していく。

 

自分に合っているなと思う
サーバー会社を選んでくれ

 

まず最初はここだ↓

 

 

WPX speed

wpx

 

 

 

 

このサーバーは今現在俺が使っている

 

レンタルサーバーだ。

 

ではこのレンタルサーバーについての
詳細なことを説明するな。

WPX speedは最近
WPXレンタルサーバー
WPXクラウドが統合され

 

できたものなんだ。

 

今から上記の二つに申し込みを
しようと思っても

 

2019年10月24日で新規受付が
できなくなっている。

 

ではまず上記の二つより
どう変わったのかを説明していくな↓

 

wpxレンタルサーバーと
wpxクラウドの違いはわかりやすい

 

ワードプレスのインストールが
wpxレンタルサーバーは10個
できるのに対し

 

wpxクラウドは1つしかインストール
することができないんだ。

 

こう聞くとwpxレンタルサーバーの方が
よく感じるよな???

 

なぜみんなwpxクラウドなんて
使ってたんだ?と思うかもしれない

 

だがwpxクラウドはかなりの
低価格なんだ。。。

 

wpxレンタルサーバーは
月1000円に対し

 

wpxクラウドは
月500円なんだ

 

 

ブログを何十個も運営する奴なら
別だが、1個から2個運営する奴には

 

圧倒的にwpxクラウドの方がいい。

じゃあ具体的な詳細を出し
wpx speedは
どう変わったかを言っていくな↓

 

wpx speed wpxレンタルサーバー wpxクラウド
初期費用 0円 5000円 0円
月にかかる費用 1200円~ 1000円~ 500円~
WPインストール数 無制限 10個 1個
容量 200ギガバイト 1日30ギガバイト 10ギガバイト
転送量 月に2.5TB 1日50ギガバイト 月に300ギガバイト
独自SSL
自動バックアップ

 

wpx speedをお前らには見てほしい
現状このくらい変わっている。

 

ワードプレスをインストールできる
数も無制限に変わっているんだ。

 

そして他の性能も上がっていて
月の料金的には200円ほど上がっているが

 

その分初期費用は無料になっている

 

ブログをやる奴はwpx speed使ってみるのも
いいぞ

 

ではwpx speedのプランを説明する

 

wpx speedプラン

 

 

 

 

このように7つの料金プランに
なっているがW1という
一番低いプランで大丈夫だ。

 

今後PV数が増えてきたら
どんどんプランを上げていけ

 

これはどのレンタルサーバーを
契約するときでも言えることだ。

 

もし気に入ったらここから
申し込みをしてみろ↓

wpX Speed

エックスサーバー

エックスサーバー

 

 

 

 

こちらはwpx speedと同じ会社だ

 

同じ会社なだけあってどこか
デザインなど仕様が似ている
部分がある。

 

では詳細な点について
解説していくぞ。

 

初期費用 3000円
月にかかる費用 1000円~
容量 200~400ギガバイト
WPインストール数 50個まで
独自SSL
自動バックアップ

 

費用とかは細かいことはこういった
感じになっているぞ

wpx speedと同じ会社のレンタルサーバーだが
あっちは初期費用がかからないが

 

こちらは初期費用が3000円かかる。
月にかかってくる費用は1000円で

これは一番低いプランの場合だが
wpx speedより200円安くなっている。

 

ワードプレスのインストール数は
wpx speedが無制限なのに対し
エックスサーバーは50個までだ。

まあだが、正直よっぽどの
大企業ではない限り50個もできれば
充分だ。

 

だから個人事業主や
中小企業の奴にはこの
レンタルサーバーがオススメだ。

エックスサーバーを契約しようと思う奴は
ここから申し込みをすることができるぞ↓

Xserver

 

ロリポップ

ロリポップ

 

 

 

 

ここも有名な
レンタルサーバー会社の一つだ。

 

今はGMOグループが
運営するレンタルサーバーだ。

 

このサーバーは個人の奴向けに
低価格で提供されている。

 

プランによって、一番安いプランで
月に100円という低価格が個人の奴や
初めてレンタルサーバーを契約する奴には
人気がある。

 

ではグラフで料金や
プランについて説明をしていくな↓

 

プラン エコノミー ライト スタンダード ハイスピード エンタープライズ
初期費用 1500円 1500円 1500円 3000円 3000円
月にかかる費用 100円 250円~ 500円~ 1000円~ 2000円~
容量 10ギガバイト 50ギガバイト 120ギガバイト 200ギガバイト 400ギガバイト
WPインストール 不可
独自SSL
マルチドメイン数 20 50 100 無制限 無制限

 

 

ロリポップのプランには5個のプランがある。
一番安いのが左からの順になっていってる

 

エコノミープランで月にかかる費用は
100円だ、かなりの安さなんだが

 

 

これはワードプレスというより
主にメールなどに使うのが
おすすめなプランだ。

 

もしワードプレスをで使うなら
選ぶプランはライトプランがいいだろう。

 

ロリポップはハイスピードプラント
エンタープライズプラン以外は

 

初期費用が1500円とかなりの低価格だ。

 

ただこのロリポップは
たまにサーバーエラーなどの表示があり
そういうのが気になる奴なら

 

おすすめはできない

 

低コストで初心者でも
使いやすい形になっているのが
ロリポップのいいところだ。

もしロリポップを
契約しようと思う奴はここから
申し込みができるぞ↓
WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!

sixcore

シックスコア

 

 

 

 

このレンタルサーバーも
wpx speedやエックスサーバーと
同じ会社が提供している

 

レンタルサーバーだ。

 

同じ会社なだけあって
サーバーの安定度は抜群だ。

 

しかし初期費用少し高いのが
個人でやってる奴にはちょっとって
思う奴がいるかもな。

 

ではまたグラフを使って説明していくぞ↓

 

 

プラン S1 S2 S3 S4
初期費用 1800円 3600円 5400円 7200円
月にかかる費用 6000円 6000円 6000円 6000円
容量 50ギガバイト 100ギガバイト 150ギガバイト 200ギガバイト
WPインストール
独自SSL
マルチドメイン数 5 10 25 40

 

このように料金的にもシックスコアは
高めに設定されている。

 

もし金額的な問題で決める場合なら
wpx speedにした方がいいかもな。

 

では簡単にメリットとデメリットで
伝えていくな。

 

シックスコアのメリットと
言えば、ワードプレスの
簡単インストールができる。

 

安定したサーバー、速度も速い

 

だがデメリットとして月々にかかる
金額とかがロリポップとかに比べ高い

 

そんなところだろう。

 

サーバーの安定度を求める奴や
ドメインをそこまでの数入れない奴には

 

シックコアがおすすめだ

 

 

申し込みたいと思ったやつは
ここから飛べるぞ↓
レンタルサーバー シックスコア

さくらのレンタルサーバー

このさくらのレンタルサーバーは
個人向けに提供されている

 

レンタルサーバーだ。

 

ブログなどを運営する場合なら
機能的にも問題なく利用
することができるだろう。

 

さくらのレンタルサーバーは
とにかく低価格で勝負をしている

 

 

この価格が個人の奴らからの
人気の一つなんだろう。

 

ではまたグラフを使って
説明していくな↓

 

プラン ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージドサーバ
初期費用 1048円 1048円 1048円 5238円 5238円 49500円
月にかかる費用 131円 524円 1571円 2619円 4714円 13200円
容量 10ギガバイト 100ギガバイト 200ギガバイト 300ギガバイト 500ギガバイト 700ギガバイト
WPインストール 不可
独自SSL
マルチドメイン数 20個 100個 150個 200個 200個 無制限

 

こんな感じになっている。
もしブログでこの
レンタルサーバーを使う場合は

 

スタンダードプランがおすすめだ

 

 

ライトプランはワードプレスを
インストールすることができないから
気をつけてくれ。

 

まあ安い安いと
言ってきたが正直ロリポップが
価格的には一番安いんだ。

 

だがこのさくらレンタルサーバーには
安心の電話サポートプランがあり
もしわからないことがあっても

 

初心者の奴には安心できるシステムに
なっている。

 

ただ俺が思うデメリットは
他のレンタルサーバーと違い

 

後からプランの変更を行う
事ができないんだ。。。

 

価格で選ぶとしたら
さくらのレンタルサーバーか
ロリポップがおすすめだ。

 

さくらのレンタルサーバーを
契約する場合はここから
申し込むことができるぞ↓

さくらのレンタルサーバ ビジネスプロ

Mix Host

MixHost

 

 

 

 

このMix Hostというレンタルサーバーは

 

エックスサーバやwpx speedにも
負けないくらいの機能性や使い勝手の
良さを持っている。

 

ワードプレスを使う奴にはぜひ
おすすめしたいレンタルサーバーだ。

ではまたグラフで料金や詳細なことを
言った後に伝えていくな↓

プラン スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス
初期費用 無料 無料 無料 無料
月にかかる費用 880円 1780円 3580円 7180円
容量 250ギガバイト 350ギガバイト 450ギガバイト 550ギガバイト
WPインストール
独自SSL
マルチドメイン数 無制限 無制限 無制限 無制限

料金とかはこんな感じだ。

 

俺がMix Hostを知った時にいいなと
思った点はまず最初に

 

バックアップの復元が
無料でできるということだ。

 

普通ならこういった復元の場合
他のレンタルサーバー会社なら
有料か、もしくはしてくれない

 

場合もあるのに、Mix Hostの
場合だと無料なんだ。

 

二つ目が、初期費用がどの
プランでも0円ということだ

 

普通だと
高額なプランになると、結構な
初期費用が取られる場合がある

 

だがMix Hostは初期費用がすべて無料だ。

 

同じような安定性のある
レンタルサーバー会社で
エックスサーバーとかだと

 

初期費用が3000円取られる。

 

 

3つ目は業界トップクラスといわれている
サイト表示の高速性だ

 

サイトが中々開かないと
イライラされ離れていく恐れもあるが
これなら安心だ。

 

ではこのMix Hostのデメリットは
何かというと、、、

 

障害が発生することが多々あるんだ。

 

なぜかというと
他のレンタルサーバーに比べMix Hostは
2016年にできたばかりのレンタルサーバーで

 

こういった不具合とか安定性といったら
老舗のレンタルサーバー会社には負けてしまう
一面もある。

 

だから、一切不安がなくサイトを運営したい
と言う奴には中々合わない

 

レンタルサーバーかもしれない。

 

俺がMix Hostにしない大きな理由だ。

 

真面目にやってて
不具合なんて起こされたら
たまらないからな。

 

 

2つ目のデメリットは
これはまあ、独自ドメイン取らない奴や
価格を少しでも抑えたい奴の

 

デメリットだと思う。

 

Mix Hostは必ず独自ドメインを
取らないとだめなんだ。

 

その点エックスサーバーとかだと
独自ドメインを取りたくない奴には
価格を抑えれていいと思う。

 

だが収益化をするには必ず独自ドメインが
必要だからアフィリエイトをやろうとしてる
奴らには関係ないな。

 

もし申し込みをしてみたい奴が
いたらここから申し込み画面に
いけるぞ↓

クラウド型レンタルサーバー

まとめ

最後まで俺の記事を読んでくれて
ありがとな。

 

今回はこんなレンタルサーバーが
あるぞということで、何個か

 

紹介させてもらった。

 

このブログを見てる奴は
ほとんどワードプレス目的での
サーバー契約だと思うが

 

それぞれ皆自分の用途に合った

 

レンタルサーバーを選んでみてくれ

 

俺の場合とにかく安定性を求め
選んだりしていた。

 

今がたまたまwpxを使ってるだけで
違うときもあった。

 

それぞれのレンタルサーバー会社の
メリットがある。

 

ちゃんとゆっくり考えてから決めてみてくれ。

 

一番だめだなって思うのは
価格が安いだけの理由で
決めるのはあまりよくないと

 

俺は思う。

 

考えは犬、人、それぞれだ。

 

じゃあ、また更新するな。

1 COMMENT

ナルカナ

こんにちは。ブログランキングから来ました。各種サーバーのメリットデメリットがわかりやすく、参考になりました。ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です