Googleアドセンスについて

おう、ドック船長だ

 

今日もお前たちにアフィリエイトを始めるに
当たって、基本的なことを言っていく

 

俺のブログを見た奴はもうブログ開設は
終わってるはずだ、もしこの記事を

 

見ていて、終わってない奴がいたら
こっちの記事をまずは見てくれ↓

ブログ作り方解説

 

では、本題に入る

ブログを開設したら、ほとんどの奴が
もう記事を書き始めている思う

 

記事を何記事か書いていくと
Googleアドセンスの申し込みを

 

するのをおすすめする

 

しかしこのブログを見てる奴は
Googleアドセンスってなんだ?って
思う奴もいるかもしれない

 

だから今日はGoogleアドセンスに
ついて語っていくぞ

Googleアドセンスとは

Googleアドセンスとは自分のブログに
広告が載ることによって自分に収益が
入るサービスの事を言うんだ

 

個人でブログをやってる奴には
ほんとにうれしい話だ

 

なんていったって広告がクリックされるだけで
自分に収入が入っていくるんだからな

 

さらに世の中にはアドセンス収入だけで
生計を立てている奴だっている

 

ではどんな広告がでるのか?

 

サイトの内容に合った広告や
ブログに訪問してきた奴らの
検索履歴から訪問者に合った

 

広告が表示される

例えば俺ならよくドックフードを検索してるから
アドセンス合格しているブログに

 

訪問するとドックフードばかりの
広告がでるということだ

 

ということは訪問してきた奴の
クリックもされやすいよな

 

しかも広告を掲載するのもそんなに
難しくない、Googleから提供される

 

コードをそのままブログに入れるだけだ
そのやり方については後で説明するな

 

Googleアドセンスの審査合格するには

まずはそもそもGoogleの方での発表されてる
基準について話すな↓

 

・独自ドメインであること
・プログラムポリシーに準拠しているか?

詳しくはこのリンク見てくれ↓
リンク

 

俺はアドセンスに何回か受かってる

 

その時俺が気をつけてたことを
お前たちに伝えようと思う

 

3つほどあるから一つずつ
説明していくな

 

◦記事数は2~3記事でいい
このアドセンス合格には10記事
必要だ、20記事必要だ

色々言われているがそんな記事数は
必要はない、実際に俺は2記事で

合格をしている。

だが記事数というより
文字数が重要だ、俺は2記事と言っても
その時5000文字の記事を二つ書いていた

記事数というよりも文字数を気にして
1記事書いていけ

 

◦他人の画像は使わない
よくこの画像を使おうとGoogle画像検索をして
やろうとする奴がいるがそれはだめだ

そんなことした瞬間に落ちることになる
もし自分の手元になく画像を使いたい場合は
フリー素材など使ったり

実際に自分で何かのサイトにいき
スクショなどの行動を取れ

Google画像検索で引っかかるものを
使うのはだめということだ。

◦テーマを絞った配信
これは何を書いてく為のブログなのか
わからないような構成はNGだ

しっかりとテーマがわかる
ブログを作れ

この3つを気をつけていけば
大抵の奴はアドセンスを合格を狙える

次にもし不合格だった場合の事を書くな

アドセンス不合格だった場合

俺がもしアドセンス不合格だった場合に
取る行動は二つだ↓

 

・ブログのデザインはちゃんとしているか
・Googleの規約違反をしていないか

 

ブログのデザインがちゃんと言うのは
見やすいか
見やすくないかみたいなものだ

それから二つ目
そもそも落ちてる理由として
知らない間にGoogleの規約違反している
可能性がある。

 

例えばプライバシーポリシーとかだ
ではどんなものがあるか
ここに書いていくな

 

これらに該当をしたらだめだ
Googleプログラムポリシーから引用↓

・性的なコンテンツ
・ユーザーに不快感を与えるコンテンツ
・爆発物に関するコンテンツ
・銃や銃の部品と関連するコンテンツ
・たばこに関するコンテンツ
・危険ドラッグに関するコンテンツ
・アルコール販売や乱用に関するコンテンツ
・オンラインギャンブルに関するコンテンツ
・処方薬に関するコンテンツ
・オンラインギャンブルに関するコンテンツ
・未承認の医薬品やサプリメントに関する
コンテンツ
・Google playストアから削除されたアプリ

詳しい説明についてこれを見てくれ
リンク

 

 

Googleアドセンス申請前の準備

Googleアドセンスに申し込むためには
もちろんなのだが前準備が必要だ

 

その前の準備とは↓

 

・Googleアカウントの作成
・ブログ開設←(まあ、当たり前だな)
・2~3記事書く

 

上記の二つをやっているのは
すごく当たり前の事なんだが

 

2~3記事という記事を書くにも
大体最低5000文字ベースの記事を
2~3記事書かないと合格
できないということは理解をしておいてくれ

 

9月のGoogleアップデートで
大体5000文字以上書いていないと
SEOに上位表示されなくなったみたいだ

 

有名ブロガーとかもランキング外に
なったりたくさんの被害が出ていた。

 

だからどっちにしろブログを
書く上では1記事5000文字
以上の記事が必要だ。

 

では話はちょっと変わったが

 

 

この3つができた奴から申請だ

 

Googleアドセンス申請の仕方

まずアドセンスを申請するには
このリンクに入ってくれ↓
リンク

このリンクに入ったらこの画面に
なると思う↓

 

 

 

まずは赤枠で囲った「お申し込みはこちら」
クリックだ

クリックをしたら下記のように
お申込フォームが表示されると思う↓

アドセンス

 

 

 

 

 

このように俺の場合だったらこのブログの
URLだ、その次にメールアドレスを入力だ

 

 

 

 

 

次に自分の好きな方の項目を選択
ちなみに俺はメールを受け取るに
いつも選択をしている。

終わったら保存して次へを選択だ

 

 

 

 

 

 

国を選択し利用規約に同意し
アカウント作成を選択

 

そうするとこのような画面になる

 

 

 

次に支払い先や住所の設定が必要だ

それについてはこの部分にある支払いを
押せば解決できるからやっとけよ↓

 

 

 

 

 

 

ワードプレス広告コード貼り付け方

では広告コードの貼り付けなんだが

広告をコードを貼り付ける前に
広告コードを作成する必要がある

 

まずはそのやり方を説明するな↓

赤枠で囲っている広告をクリック

 

 

 

 

 

 

 

するとこの画面に切り替わる

 

 

 

次に赤枠で囲ったコードを取得を
選択、するとこのような
画面になる↓

 

 

 

コードをコピーを選択して
次にワードプレスに移る

 

ワードプレスにログインし
外観→ウィジェットを選択だ

 

 

その中にある、上記の
「カスタムHTML」を選択だ

 

するとこのような画面が出る

 

 

 

 

 

 

 

これで自分の好きな位置のものを選択し
ウィジェットを追加をクリック

 

 

 

 

 

 

 

後は先ほどコピーした
コードを貼り付けるだけで終了だ

 

広告コードの作成は今お前たちに
教えたのは一番単純で簡単なやり方を
伝えた。

 

だが今から教えるやり方はこんなやり方も
あるんだくらいの頭に入れといてくれ。

 

いろんな用途で使い分けることができる。

まずアドセンスホームに戻り

広告を押してくれ

 

 

 

 

 

 

するとこのような画面になる

 

 

 

 

 

 

ここで赤枠の「広告ユニット」ごとを選択

するとこの画面になる↓

 

 

 

 

この3つの広告がある

 

それぞれ3つともサイズを変えれたり
色々な用途がある、では説明するぞ。

ディスプレイ広告とは

ディスプレイ広告とは
万能タイプの広告だ

 

ディスプレイ広告はこのように
3つの形をせんたくすることができる↓

 

 

 

その3つが
スクエアタイプ
横長タイプ
縦長タイプ

自分の好きな形を選択して左下の
作成画面を選択して、コードを
発行していけ。

 

インフィード広告とは

この広告はサイトのコンテンツのデザインや
スタイルに合わせてカスタマイズできる
広告だ。

では作り方なんだが

 

 

 

やり方は二つある
まず自動で作成するを選択する場合

 

モバイルかデスクトップ(PC)かを
選択し、自分自身のサイトのURLを
入力するだけで作成がされる。

 

次に手動で広告スタイルを作成する場合

 

 

 

上記の画像ような選択肢から選び

次へを選択

 

 

 

 

このように自由に自分で
カスタマイズすることができるぞ。

 

 

記事内広告とは

記事内広告とは名前の通り
記事内に設置ができる広告だ

 

例えば投稿した記事の段落の間と間に
設置したりすることができる。

 

少しインフィード広告に似ている部分は
ディスプレイ広告を表示することができる↓

 

 

 

 

 

何もいじらなければ画像通りの
広告が表示されるぞ。

広告の配置はテーマやサイトによって
全然違うんだ。

 

そこらへんも常に研究をしていき
やっていってほしい。

 

 

 

Googleアドセンスの収入は?

このアドセンスをやっていく上で
お前らが一番気になることと言っても
過言ではないと思う。

 

俺がもしこのブログを見ている立場なら
一番気になる部分だ。

では説明していくな。

 

稼げているアドセンスブログで大体平均
4万~6万と言われている。

 

それしか、稼げないのか・・・と
落ち込む奴もいればそれで満足する奴も
だが、なぜそれが稼げるといわれているかと言うと

 

アドセンスをやる奴はいわゆる副業や趣味のような
物で始める奴が多い、だからそのくらいの
金額を行くと満足してしまう

 

それは当たり前のことかもしれない
なぜなら本業に+6万ほど入ってきたら
特に生活に困ることもないからな

 

だがアドセンスで100万とかも稼げることも
できるんだ、突き詰めていけば
成功できるのがネットビジネスのいいところだ

 

では、4万~6万稼いでる奴の
平均のページビュー数大体どのくらいかというと
2000~4000ビューだ

 

まずは初心者の奴はそこを
目指していけ!

 

毎日最低5000文字ほどの記事を
一つ書いていけばそこまで達成するのは
難しくない。

 

登録するのはアドセンスだけでいいのか?

アドセンスだけを登録すれば終わりじゃない

 

アドセンスを合格を目指しつつ
他のASPに登録することをおすすめする

 

他のASPとアドセンスの違いはなにか?

アフィリエイトには大きく分けると4つの
種類がありそれがこれだ↓

・インプレッション型広告
・クリック型広告
・成果報酬型広告
・掲載報酬型広告

 

では一つずつ説明していくな
まずは↓

インプレッション型広告
インプレッション型広告とは
その広告を見られるだけで
自分に収入が入ってくるんだ。

 

次にクリック型広告
これは簡単にいうと広告が
クリックされることで自分に
報酬が入るシステムの事を言う。

 

次は成果報酬型広告
これは上記の二つとは違い
その会社が出している
例えば会員登録や
商品が購入されることによって
収入が入るということだ。

 

最後に掲載報酬型広告
期間限定という感じで
自分のブログとかに掲載
されるだけで収入が入る
システムのことだ。

 

いわゆる、アドセンスに該当する
広告はインプレッション型広告
クリック型広告だ。

 

そう考えるとアドセンスは初心者でも
ビュー数さえ集めることができれば
収入が得られる初心者向けなシステムに
なっている。

 

もちろんアドセンスもアフィリエイトの
一部なのだが、一般的に

 

 

アフィリエイトと言われているのは
成果報酬型広告のことだ。

 

だからアドセンスだけではなく
成果報酬型広告も同時並行して
やっていく方がアフィリエイトで
稼いで行ける。

 

 

だがASPを何個か次の記事で紹介を
しようと思うのだが

 

勘違いはしないでくれどれもこれも
登録すればいいということではない

 

むしろアドセンス登録してその他にも
3個くらい登録するなんて

 

一番だめなパターンだ

 

なぜかというと
もちろんどこの会社でも
存在するのだが

 

報酬が支払われる最低金額
決まっている、もしその金額を

 

下回っていたらお前らに永遠に報酬は
支払われない、これがどういう意味かわかるか?

 

たくさんの会社を登録するのは報酬は固めて
できるだけ高い金額を狙っていく必要があるんだ

 

もしこの会社では達成できたけど、この会社では
最低金額を下回ったなんてなると最悪だからな

 

もし、どの会社でも20万くらい達成できるように
なったらいろんな会社を登録するのを
おすすめするぞ。

 

まとめ

今日はGoogleアドセンスについて
書いてみた。

 

Googleアドセンスはアフィリエイトを
やる上で大体の奴が通る道だ。

 

現実にGoogleアドセンスで
何百万も稼いでる奴は

 

ざらにいる、100万円とか
稼ぐのがすごいなとか
思わずにこのブログを

 

見ているお前たちにも
そのレベルを目指してほしい

 

俺も下積み時代は前の船長に
とりあえずGoogleアドセンスを合格しろー!!

 

と言われブログを書くことに明け暮れていた・・・

 

最初はブログを書いていくのも辛くなってくる
だが慣れていけばそこまで苦じゃなくなってくる

 

習慣化といって俺は犬だが人間は3週間
やり通すと癖になってくるらしいぞ。

 

継続は力なりだ、一緒に頑張っていこう!

 

 

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です